ご案内

永代供養塔のご案内

境内の本堂左手奥には“普門寺 永代供養塔”が建っています。この永代供養塔は当山にご縁のある亡きみ魂(ご遺骨)を納める合葬墓で、令和3年6月、それまで無縁供養塔が建っていた場所に建立いたしました。供養塔正面に刻まれている永代供養塔の題字は、弘法大師空海さまがお書きになられた数ある書の中から集字いたしました。また、題字の上部には真言宗智山派の僧侶で仏画師の牧宥恵先生によって描かれた金剛界大日如来さまがご遺骨をやさしくお守りいたします。近年の少子高齢化などにより、今後はお墓を守ってゆく方が途絶えていくことが予想されます。普門寺のお檀家さんで“永代供養をしたい”というお申し出があれば、永代供養塔へご遺骨を移します。また新たに普門寺の檀徒となって頂ければ、永代供養塔へ納骨することができます。詳しくは普門寺へお尋ねください。

PXL_20220315_021633564.jpg